堀田祐美子

誕生日:1967年1月10日
血液型:A型
出身地:兵庫県

極真空手を学び、85年に全日本女子プロレス入団。同年6月の宇野久子(北斗晶)&神崎文枝戦でデビューする。長与千種の元で技を磨くと、その恵まれた体格を活かし“暴走女王”のニックネームでパワフルなプロレスを展開。WWWA 世界タッグ王座を獲得するなど、90年代には主力選手として活躍した。95年にはLLPWでMMAルールにも挑戦。翌96年7月のVTJ 1996に参戦し一本勝ちを収めた。空手ベースの打撃のみならずサブミッションも得意とし、MMA5勝のうち4勝が一本勝利。プロレスでは、11年にREINA女子プロレスの旗揚げに参加し、同年11月には初代REINA世界女子王座を獲得する。14年10月両国国技館で行われた神取忍の生誕50年記念興行では、長与千種、天龍源一郎とタッグを組み、神取忍、ダンプ松本、藤原喜明組との6人タッグマッチを闘った。

戻る